ビデオ甲子園は、各校が特定のテーマに沿って数分のビデオを制作し、その出来映えを競い合うコンテストです。普段は相手校との交流に限られていますが、ビデオ甲子園では、全ての参加校が提出したビデオを見ることができます。
音声・映像を用いた総合的な情報発信力を育むこと、様々な学校が製作したビデオを見ることで多様で奥行きのある文化理解を促すことを目的としています。参加は任意ですが、毎年ほとんどの学校が挑戦します!

 

インターネットの爆発的な普及に伴い、個人が自らの考えやメッセージを簡単に世界に発信できる時代になりました。中でも「動画」は、視覚に直接訴えるという意味でも、最もパワフルで無限の可能性を持つツールと言っても過言ではありません。素晴らしい映像が一瞬にして世界に広まる「新時代」を迎え、今後ますますグローバル化していく社会で各国共通に求められているのは、「表現力」そして「プレゼンテーション力」。KAC は Video Koshien を通して、そのような「時代にマッチした情報発信能力」を培い、磨き、そして競い合ってほしいと願っています。

 

審査員には米国大使館や文部科学省から日米の文化や教育の精通した「グローバル・リーダー」たちを招き、言語力だけではない、さまざまな角度からビデオを評価・審査し、優秀ビデオを選びます。準備は大変ですが、完成した時の達成感、そして入賞した時の喜びはひとしお。「やって良かった!」という声は生徒・先生たちから毎年届きます。テーマは毎年変わりますが、第1回(2014年)は「学校紹介」、第2回(2015年)は「私の文化、私の誇り」、第3回(2016年)は「私達の学校はこんなにカッコいい!」を題材としたビデオ制作に各校が奮闘しました。

 

皆でアイデアを出し合いながら内容を考え、母国語ではない言葉を用いて伝える、という作業は決して簡単ではありませんが、応募作品を観るたび、私たちはいつも言葉に出来ない感動を覚えます。高校生の持つ柔軟な発想とクリエイティビティ、楽しむ才能、そしてチームワーク。そういったものを各作品から感じ取ることが出来るからです。

 

 

2017年 Video Koshien 入賞作品の紹介

テーマ:「私達の幸せ!(Our Happiness!)」

日本

グランプリ&1位:横須賀明光高校(神奈川県)

ハートを手渡しながら、一人一人の幸せを表していくというアプローチが面白く素晴らしかったです。 (ニック・ハーリング/米国法務省弁護士、Let’s Talk Japan ホスト、前JETプログラム外国語指導助手)

クッションを用いった表現は心温まり、一人一人が繋がっていくのがとても良かったです。平和のメッセージも印象的でした。(ロナ・ティソン/北米伊藤園 広報担当上級副社長)

同点2位:東舞鶴高校(京都府)

ラインからの導入部は現代らしく新鮮でした。月毎のイベントを繋ぎ、それらから感じる幸せ/それらが生み出す幸せを伝えるのが良かったです。 (佐藤 隆/サンジェイ インターナショナル インク社長)

日本文化の紹介にも注力しつつ学校の様子もよく判る内容が良かったです。秀逸と思いました。(堂ノ脇 伸/ワシントン日本商工会財団 理事長、米州住友商事ワシントン事務所長)

同点2位:伊奈学園総合高校(埼玉県)

ドラマチックなストーリー仕立てでとても良くできていました。友情に焦点を当てたのも良かったです。(デイビッド・ジェーンズ/米日財団助成金ディレクター 兼 理事長補佐)

コンセプトがシンプルで分かりやすいので、どの年代の人にも共感出来る作品だと思いました。全体的な流れも良く、英語もとても上手でした。(エリカ・ニノユ/ 米日カウンシルTOMODACHI新生リーダープログラム (ELP))

アメリカ

1位:スタイベサント高校(ニューヨーク州)

生徒それぞれの幸せを感じる瞬間が伝わってきて、とても良くできていました。タイムズスクエアで遊ぶ姿や雪の中を自転車に乗る姿など、生徒の日常を面白く拝見しました。(ジョン・R・マロット/前ワシントン DC 日米協会会長)

1日の時間別に幸せのシーンを表現したことが良かったです。24時間必ず誰かが幸せを感じているという良いリマインダーでした。(ロナ・ティソン/北米伊藤園 広報担当上級副社長)

2位:センター・フォー・グローバル・スタディース高校(コネチカット州)

泣いている映像から、みんなの幸せストーリーになっていくので、とても興味深かったです。音楽がジャズ系でカッコいい。「ちょっとしたことで幸せになれるんだよ」というメッセージが良かったです。(下村 今日子/前文部科学大臣夫人)

クリエイティブで楽しいビデオでした。見ていて元気付けられました!(グレゴリー・アウリット/米国大使館文化担当官補)

審査員 (敬称略、アルファベット順)

グレッグ・アウリット/米国大使館文化担当官補
堂ノ脇 伸/ワシントン日本商工会財団 理事長、米州住友商事ワシントン事務所長
ニック・ハーリング/米国法務省弁護士、Let’s Talk Japan ホスト, 前 JET プログラム外国語指導助手
デイビッド・ジェーンズ/米日財団助成金ディレクター 兼 理事長補佐
ジョン・R・マロット/前ワシントン DC 日米協会会長
エリカ・ニノユ/ 米日カウンシルTOMODACHI新生リーダープログラム (ELP)
佐藤 隆/サンジェイ インターナショナル インク社長
下村 今日子/前文部科学大臣夫人
ロナ・ティソン/北米伊藤園 広報担当上級副社長