第一回 ビデオ甲子園の受賞作品が決まりました! ビデオ甲子園は、Global Classmatesの全参加生徒が一同に会するビデオコンテストです。本コンテストは、生徒たちへ異なる文化に触れる機会を提供し、自らの文化を表現する新たな方法を発見することを目標としています。また、日米の全参加校(30校)が一同に会することで、将来を担う世代同士が集うコミュニティに対する感覚を醸成していきます。

「学校紹介」をテーマとした今回は、各校からの積極的なエントリーの結果、16 37 作品の応募がありました。審査はKAC スタッフの他、日米の文化や国際教育に精通したグローバルリーダーである審査員によって、評価が行われました。どの審査員からも、甲乙付けがたく選ぶのがとても難しかったとのコメントをいただくほど、各校素晴らしい作品でした。

あらためまして、全ての参加校の先生、生徒さん、それを支えて下さった皆様方に感謝申し上げます。そして受賞校の皆様、本当におめでとうございました!

2014年 Video Koshien 入賞作品の紹介

テーマ:「学校紹介」

日本

1位:成田国際高校 (千葉県)

【Judge’s comments 審査員からのコメント】

英語を話すことが本当に楽しそうで、皆さんの明るい笑顔にとても好感を持ちました。最初に単語が浮かび上がる映像処理も上手。国際高校ならではのアクテビティをうまく織り込んでいて上に、トイレ掃除などの微笑ましい日常もあって、プレゼンテーションのバランスがとてもいいと思います。

2位:長生高校 (千葉県)

【Judge’s comments 審査員からのコメント】

映像の処理が上手いし、一生懸命に英語を話している生徒の様子に好感を持ちました。お弁当を出したのもユニークでした。

アメリカ

1位:ヘイフィールド・セカンダリー・スクール (バージニア州)

【Judge’s comments 審査員からのコメント】

学校の特色がとてもよく表現された素晴らしいビデオだと思います。

2位:スティーヴンソン高校 (イリノイ州)

【Judge’s comments 審査員からのコメント】

日本語がとても上手で驚きました。また学校の楽しさをみんなが伝えているところが好感を持ちました。

 

審査員 (敬称略、アルファベット順)

Rachel Ferguson(Former NHK Global Newscaster, Writer/元NHK Global キャスター、ライター)
Nick Harling(Attorney, US Department of Justice; Host, Let's Talk Japan; Past Assistant Language Teacher, JET Program/米国法務省弁護士、Let’s Talk Japan ホスト、前JETプログラム外国語指導助手)
Sara Harriger(Education and Exchanges Office, U.S. Embassy, Tokyo/在日米国大使館 教育人物交流担当)
Sachiko Kuno/久能 祐子 (President and Chief Executive Officer, S&R Foundation/S&R財団 代表)
Hiroshi Kamiyo/神代 浩(Past Director International Education Division, Elementary and Secondary Education Bureau, Ministry of Education, Culture, Sports, Science & Technology- Japan/元文部科学省 初等中等教育局 国際教育課 課長)
Ambassador John R, Malott (Past President, Japan-America Society of Washington, DC/前ワシントンDC日米協会会長)
Masato Otaka/大鷹 正人(Minister of Public Affairs, Embassy of Japan, Washington, DC/在アメリカ合衆国日本国大使館 広報文化班 公使)
Kyoko Shimomura/下村 今日子(Wife of Minister of Education, Culture, Sports, Science&Technology/文部科学大臣 兼 教育再生担当大臣 夫人)
Yuuki Shinomiya/篠宮 有輝(Executive Director, International Student Conferences, Inc./国際学生会議 代表)