プログラムの流れ

プログラム導入

 

応募: 2月 (日本) / 4月 (米国)

Global Classmates への応募は、日本側は2月から、米国側は4月から受け付けています。応募書類の受領後、KAC の担当者が電話インタビューなどで応募内容に関する確認を行います。

 

プログラム導入

 

参加校の決定:5月

書類や電話インタビューなどの審査を経て、KAC より応募校に選考結果をお知らせします。

 

プログラム導入

 

パートナー校のマッチング:6月

KAC が、参加校の中からパートナーとなる日米の学校をマッチングします。

 

プログラム導入

 

パートナー校とのオリエンテーション:7月〜8月

プログラムをサポートするGlobal Classmates Coordinator とパートナー校の先生と共に、インターネットを使ったビデオ会議でオリエンテーションを行います。

オリエンテーションでは、GC の活動に関するビデオの視聴や、パートナー校の先生と実際に顔を合わせての情報交換、活動内容の打合せなどを行います。

 

 

プログラム導入

 

プログラムの開始:9月

生徒達は少なくとも週1回、1時間をこのプログラムにあて、コメントや写真・ビデオを投稿します。パートナー校の先生方と Global Classmates Coordinator は、プログラムが円滑に進むよう、継続的に連絡を取り、話し合いを重ねます。

半年間のプログラムを通じて、生徒達はパートナー校の生徒達と交流し、共に学び合います。

 

 

プログラム導入

 

プログラムの終了:2月

日本側の学期の終了に合わせ、プログラムも締めくくりとなります。生徒達はこのプログラムを通じて、外国語でのコミュニケーションに自信を持ち、他国の文化や自国の文化への理解を深め、海の向こうの友人達との友情を育んでいることでしょう。

 

プログラムに参加する

Global Classmates Coordinator (GCC) について

インターネットを通じた文化言語交流は、全く新しい教育プログラムです。多くの先生にとって、このようなプログラムの指導は、経験のない新たな分野へのチャレンジかもしれません。KAC では、プログラムを成功に導くため、各ペア校に1人、Global Classmates Coordinator (GCC) を任命します。GCC は、英語と日本語の両方で先生方をサポートし、オンラインでの教育交流の進め方についてアドバイスを行います。また、生徒全員にとって充実した交流になるよう、先生方からの希望や提案に沿ってプログラムをカスタマイズします。

プログラムの内容の素晴らしさに加え、GCC の方がきめ細やかなサポートをしてくださったおかげで、充実した交流になったと思います。」
(Naoko McHale 先生, Davis Senior High School)

 

英語で十分に説明ができないときなど 間に入っていただくことで、時間がないときでも 十分に取り組んでいくとができた。また励ましやいろいろな温かい言葉を 頂き、モチベーションが維持できた。
(日南振徳 上村卓也先生)