スメサースト文子 (共同創設者・理事・代表)

理事・アドバイザーの紹介

2011年の設立時よりKizuna Across Culturesの代表を務め、オンライン文化言語交流プログラム「Global Classmates(グローバル・クラスメート)」を先導。若い世代の国際感覚を養い、外国語でのコミュニケーション能力を高めることを目指した当プログラムは、これまでに日米で3,500名以上の学生をつなげてきた。P&G 日本本社の人事部門にてアソシエートマネージャーとして勤務したのち、2007年にワシントンDCに移住。在米日本国大使館にて外国青年招致事業である JET プログラムのコーディネーター、S&R 財団にて音楽プログラムマネージャーを務め、国際交流やNPOマネジメント分野の経験を培った。立命館大学国際関係学部にて学士号取得、在学中にアメリカン大学に1年間交換留学。兵庫県出身。

荘司シャンティ (共同創設者・副代表)

理事・アドバイザーの紹介

JET プログラム派遣生として香川県の公立中学校にてALT (Assistant Language Teacher) として勤務したのち、東京都のラボ国際交流センターにおいてプログラムマネージャーを務め、計6年間を日本で過ごす。米国に戻り、2010年より在米日本国大使館広報文化センター (JICC) 文化部コーディネーターを務めた。国際交流や異文化コミュニケーション分野での豊富な経験を活かし、2011年6月に KAC を共同設立。生徒たちの国際感覚を養い、外国語でのコミュニケーション能力を高めることを目指す、オンライン文化言語交流プログラム「Global Classmates(グローバル・クラスメート)」の運営を統括。オレゴン大学において日本文学及び国際関係学学士号取得後、アメリカン大学大学院国際関係学修士号取得。

篠宮有輝(理事)

理事・アドバイザーの紹介

米国オハイオ州生まれ、千葉県育ち。2005 年にグルー基金奨学生として米国オーバリン大学へ進学。卒業後、米国下院議員事務所インターンを経て、米国大手生保 MetLife に入社。政府渉外部にて政治献金用の資金集めや、国際業務推進業に携わる。MetLife 在社中に、アメリカン大学ロースクールを夜間で卒業、ニューヨーク州とニュージャージー州の司法試験に合格。その後、ワシントン DC に本部を持つ NPO、ISC の代表として日米学生会議、米韓学生会議の運営を通じた国際的な学生交流推進に従事する。2015 年よりデジタル広告代理店セプテーニアメリカ社の戦略部ディレクターに就任。ワシントン DC 在住。

スクロンス・アンドリュー (共同創設者・アドバイザー)

理事・アドバイザーの紹介

米国メイン州出身。2003 年にゲティスバーグ大学を日本語専攻で卒業後、JET プログラムの一環で栃木県にて 2 年間、ALT として勤務。栃木県の「ティーチャー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれる。2007 年にマサチューセッツ大学アマースト校日本語日本文学修士課程修了後、バージニア州フェアファックス郡のラングレー高校、クーパー中学校にて日本語教師として勤務し現在に至る。バージニア州在住。

竹沢徳剛 (共同創設者・アドバイザー)

理事・アドバイザーの紹介

東京都出身。中央大学法学部在学中に YOSAKOI ソーラン祭り組織委員会に参画。2005 年に同大学を卒業し渡米。2007 年にアメリカン大学ロースクール修士課程 (LL.M.) 修了。ワシントン DC の日本語フリーペーパー『CAPITAL』(現在『さくら』)の記者及び運営に携わる。2011 年に帰国し KAC を創設。同年、株式会社 Take-Z の代表取締役に就任。世界中から志を持った若者が集まるシェアオフィス、シェアハウス『RYOZAN PARK』のオーナー。東京都在住。