グローバル・クラスメート・サミット

Virtual Exchange Meets Real World バーチャルからリアルへ:

 

日米の高校生がバーチャル交流を通じて育み始めた関係が、発見と対話とコラボレーションを重ねる、10日間の共同生活で花開きます。

 

グローバル・クラスメート・サミットは、私達キズナ・アクロス・カルチャーズの企画運営するバーチャル交流プログラムにおいて秀でた活躍を見せた生徒を選抜し、ワシントンDCに集合する彼らに一歩進んだ対話とコラボレーションを実現してもらう交流プログラムです。

 

約10日間に及ぶサミットの期間中は、生徒達は寝食を共にし、チームビルディング活動や国際的に活躍するリーダーやエキスパート達との面会などの様々な活動に参加します。最後には、サミットでの学びを振り返り、次世代リーダーとして明るい日米関係や国際社会の未来を築くための提案を発表します。

 

2012年に開始したKACのバーチャル言語文化交流であるグローバル・クラスメートは、約8300名のアメリカと日本の高校生をつなげ、めざましい成果を上げ、彼らの将来に影響を及ぼしてきました。高校生達がインターネット上の交流を通じて、友情を育み、お互いの文化への理解を高めていく様子には深く感心させられました。

Global Classmates Summit 2019

グローバル・クラスメート・サミット2019は、ワシントンDCにおいて、7月下旬から8月上旬にかけて開催されます。

 

本年度のサミットには、前回のバーチャル交流に参加した1700名以上の高校生の中から選抜された、12名の生徒(米国6名、日本6名)が参加します。

 

サミットの期間中、参加者は地域の大学の寮に共に滞在し、米国の首都を探索したり、互いの文化を紹介し合ったり、経験豊かなリーダーや国際分野で活躍する若いプロフェッショナルらと面会するなどの活動を行います。そして、サミットのテーマに基づいた自分達の提案の発表に向けて協力してゆきます。

 

※日本からの参加者達は、ワシントンDCに渡航する前日に、東京で事前のアクティビティに参加します。

サミット2019 参加者

 

米国

      

     トロッター・アレキサンダー

     エバンストン・タウンシップ

  高校(イリノイ州)             

                 

                  ソフィア・ビンガム

                  スコットカウンティ 高校

               (ケンタッキー州)           

             

            ラミア・ブシュラ

            スタイベサント高校 

         (ニューヨーク州)         

 

          

           シェルビー・グレー

           オーシャン・レークス高校 

           (バージニア州)

             

               スティーブン・ハタノ

                ノーザーンバレー高校

    オールドタッパン

    (ニュージャージー州)

             

                ハンナ・ キンドリー

              サウサウスライオンイースト高校

       (ミシガン州)

 

日本

 

          

           吾妻 

           福島県立福島南高等学校

             

                福田 和奏

                徳島県立池田高等学校

             

                二宮 望

                愛媛県立松山中央高等学校

 

          

           大宮 ひかる

           広島県立安古市高等学校

             

                大浦 令惟

                宮城県石巻高等学校

             

                矢野 愛子

                東京都立小松川高等学校

 

サミット2019 フォトアルバム

Coming late August

サミット 2019 スポンサー

US  US Embassy             

 

 

 

 

Summit 2018 Stories

こちらをクリック

Summit 2017 Stories

こちらをクリック